やまだけいこ歯科クリニック

おしらせ

  • 平成12年12月より当クリニックの院長として、皆様には大変お世話になりましたが、本年7月1日より伊藤茉莉恵先生にクリニックを継承して頂く運びとなりました。
    23年間、多くの患者様とお付き合い頂き大変幸せでした。
    7月1日以降は伊藤先生を中心に新しい やまだけいこ歯科クリニックが誕生致します。
    私も月、金曜日はしばらく勤務させて頂きますので、今後とも宜しくお願い致します。
  • 以前に当院の副院長を勤めていた山田志保子(現在 杉原志保子)が東京で歯科医院を開設いたしました。 かちどきこども・矯正歯科東京都中央区勝どき4-9-8
    Tel 03-6228-2191
    www.kachidoki-kids-ortho.com

お子様の歯医者アレルギーを防ぐには?

お子様が歯医者嫌いになるかどうかは、初めて歯医者を受診したときに決まるといってもいいでしょう。ドリルで歯を削られるのは大人でも決して愉快ではありません。でも、治療の必要が無く歯磨きの指導や、フッ素塗布などの予防処置だけであればお子様にとっても歯医者は怖いところではありません。1歳半頃は上下の前歯が生えそろい、そろそろ奥歯が生え始まる頃です。丁度その頃は哺乳が終わり、普通食に切り替わる頃でもあります。この頃から食習慣や歯磨きの仕方を相談できるかかりつけの小児歯科医を探してあげましょう。

小児歯科って?

子どもと大人の大きな違いは、子どもは心も体も日々成長しているということです。小児歯科診療はお子様の成長段階に沿って、歯、歯並び、口腔粘膜の病気などの治療や予防を行いながら健康な大人のお口の成育(20歳くらいまで)を見守っていきます。小児歯科医は子どもの心理発達や体の成長について熟知し、発達段階に応じた対応の訓練を受けております。ですからお子様の歯科診療はどうぞ安心して小児歯科医にお任せください。